とちぎ小江戸ブランド

じゃがいも入り栃木焼きそば

蔵の街とちぎおいしいじゃがいも入り焼きそば研究会

商品のご案内

ご当地B級グルメ とちぎの焼きそば

 じゃがいも入り焼きそばは、栃木市を代表するご当地グルメです。その始まりは、第二次世界大戦後の駄菓子屋さんにあります。
 じゃがいもが多く採れた栃木では、多くの駄菓子屋さんでイモフライ(ふかしたじゃがいもを串に刺し、パン粉をつけて揚げたもの)を作っていました。
 戦後、小麦粉の流通が自由になり、焼きそば麺が広まっていく中で「イモフライに使っているふかしたじゃがいもを具にすれば、簡単にボリュームのある焼きそばが作れる」というアイディアが多くの駄菓子屋さんに広まりました。
 また、何よりも「じゃがいもをソースで炒めると、とっても美味しい」ことが、焼きそばの具として広まった一番の理由です。
 そういった理由で普及したため、現在でも、ふかしただけのじゃがいもを具にした焼きそばのほか、イモフライを直接具にした焼きそばもあります。

どこで買えるの?

加盟店各店でご賞味いただけます。
加盟店は下記のオフィシャルホームページでご確認下さい。
 

この商品に関するお問い合わせはこちら

蔵の街とちぎおいしいじゃがいも入り焼きそば研究会

事務局(有限会社中沢製麺内)
住所:栃木市平柳町1-34-13
電話:0282-25-7155

オフィシャルホームページはこちらから